HOME一口コンロレシピ > 大好評!炊飯器調理 秋刀魚とさつまいもの秋味炊き込みご飯

ハウスメイト公式Facebookをフォロー

大好評!炊飯器調理 秋刀魚とさつまいもの秋味炊き込みご飯

2017/10/03

一口コンロレシピ

春にご好評をいただいた「缶詰+野菜の簡単炊き込みご飯レシピ」の第2弾。秋バージョンとして、今回は魚の缶詰と根菜の組み合わせをご紹介します!
缶詰や根菜は買い置きがきくので、お買い物に行けない日にも作れるお助けメニューとしてもオススメです。ご飯にボリュームがあれば、それだけで主役級。簡単な副菜を添えるだけで立派な食事になって、忙しい日のおうちごはんもちょっぴりラクになりますよ。

【材料/2人分】

・さんま味付缶詰 … 1缶
・さつまいも … 1/2本(150g)
・米 … 1合
・生姜 … 1/2かけ
・小ねぎ  … 少々、お好みで

【作り方/15分(炊飯時間をのぞく)】

1 ご飯は研いでおく。さつまいもは輪切りにして水にさらす。生姜は千切りにする。小ねぎは小口切りにする。

2 炊飯器の内釜に米を入れ、その上にさんま缶の汁を入れ、目盛りに合わせた水を注ぎ、軽く混ぜる。さんま、さつまいもをのせて炊飯する。

3 炊き上がったら、生姜を加えて混ぜ、器に盛り、小ねぎをちらす。

【ワンポイントアレンジ】

・さつまいものほか、厚切りのレンコンや皮をむいた里芋などでもおいしくできます。

【一緒にどうぞ!クイックレシピ/自家製レンジなめたけ】

鍋の季節が近づき、きのこ類を買う機会が増えるこの時期。もしえのき茸えがあまったら、レンジで簡単にできちゃう自家製なめたけはいかが?
耐熱ボウルに2〜3センチに切った《えのき茸100g、醤油大さじ1、みりん大さじ1、酒大さじ1》を入れて混ぜ、ふんわりラップをかけ600Wのレンジで3分加熱します。粗熱がとれたら混ぜて出来上がり!醤油、みりん、酒の代わりに《めんつゆ大さじ2〜3》で代用してもOKです。ご飯と一緒に食べるほか、大根おろしや豆腐にかけたり、パスタと和えたり、おいしく活用できて便利ですよ。

【おすすめテーブルウェア】

カフェオレボウル
あると便利なテーブルウェア(器)がカフェオレボウル。ドリンクはもちろん、スープボウル、朝のヨーグルト、シリアルなどを盛り付けるほか、ごはん茶碗やとんすい(鍋の取り鉢)としても使えます。シンプルなものを選べば、和洋を問わず使え、とても重宝しますよ!

【料理撮影:菅井淳子】

【プロフィール】

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

テレビや雑誌、広告などで活躍中。無理や無駄のない、作り手重視の効率的なレシピとスタイリングアイデアが人気となっている。近著は『使いやすい台所道具には理由がある』(誠文堂新光社)など。http://www.simple-minimum.com/