HOME一口コンロレシピ > パスタのレシピを手軽にアレンジ! 春菊の和風ペペロンチーノ焼きそば

ハウスメイト公式Facebookをフォロー

パスタのレシピを手軽にアレンジ! 春菊の和風ペペロンチーノ焼きそば

2018/10/25

一口コンロレシピ

手軽に作れる焼きそばは、ランチや小腹が空いたときの便利な人気メニュー。でも、どうしてもいつものキャベツに豚肉、ソース味、となりがち。もちろん定番の美味しさもはずせませんが、今回は趣向を変え、パスタのレシピを焼きそばを使ってアレンジするメニューを紹介します。
大量のお湯を沸かし一から麺を茹でるのはかなりの手間と時間だけれど、焼きそばならこの工程をショートカットでき、具材や味つけのバリエーションにも広がりを持たせることができます。急な来客時にもぱぱっと作れ、それが気の利いた変化球メニューだったら…。お友達から料理上手!と言われること間違いなしですよ(笑)。

今回は春菊を使った和風ペペロンチーノ風味の焼きそばを。鍋の具材としての印象が強い葉物野菜ですが、風味が強いことから、実はニンニクやオリーブオイルにも負けず、バランスの良い味わいに仕上がります。ポイントは春菊に火を通しすぎないこと。葉と茎の部分を半分に切り分け(料理によっては三等分でもOK)、加えるタイミングに注意しましょう。

【材料/1人分】

・焼きそば麺 … 1人分
・春菊 … 1/3袋(約50g)
・桜えび(乾燥) … 大さじ1(2g)
・ベーコン … 2枚(30g)
・ニンニク … 1/2片
・唐辛子 … 少々 ※目安は1/2本、種をとり小口切りに。輪切唐辛子でもOK
・醤油 … 小さじ1
・オリーブオイル … 大さじ1

【作り方/15分】

1 春菊は葉と茎の部分に切り分ける。ベーコンは細切り、ニンニクはみじん切りにする。唐辛子は種をとり除き、小口切りにする(キッチンバサミを使うとラク)。
※ 大きめの春菊の場合は三等分に切ってもいいでしょう。また根元が固めで切り口が乾いている場合は、2センチほど切り落として使いましょう。茎が太めなら、さらに縦に切ると火の通りが早くなります

2 フライパンを中火にかけ、桜えびを乾煎りして取り出す。
※ 面倒なら省いてもOK。その場合は4で麺と一緒に加える

3 フライパンにオリーブオイル、ベーコン、ニンニク、唐辛子を入れ、弱火にかける。

4 香りがたったら、焼きそば用麺、春菊の茎の部分を入れ中火で炒める。
※ 冷蔵庫から出したての麺はフライパンに入れると麺が切れ、ボロボロになってしまうことも。袋のまま20〜30秒ほど(600Wの電子レンジの場合)加熱すると麺がほぐれやすくなります

5 醤油を回し入れ、全体を混ぜたら、春菊の葉の部分、2の桜えびを加え、ひと混ぜして、火を止める。
※ 味をみて塩気が足りないと感じたら、お好みで醤油か塩を加えてください。桜えびやベーコンの塩気も加わるので、味見は全部の食材を一緒に口に入れてみて

【コツ・ポイント】
最近の春菊はアクも少なく、生でも美味しくいただけます。春菊独特のほろ苦い風味も味わえるよう、葉の部分を加えてひと混ぜしたら速やかに火を止めてください。

汁物や鍋物のときも同様で、すぐにしんなりとなじむため、食べる直前に加えるのが美味しさの秘訣です。

生食もいける! 春菊のシンプルサラダ

柔らかい葉の部分は生食での楽しみ方もいろいろ(ちなみに茎の固い部分はさっと湯通しすると食べやすくなります)。岩塩、チーズ(パルミジャーノやパスタで使う粉チーズなど)、オリーブオイルでさっと和えたサラダは、驚くほど手軽ながら、春菊の苦味とチーズのコクを感じられる本格的な一品です。

Let’sおうち野菜!【春菊】

春菊は、カルシウム、リン、鉄、ビタミンや食物繊維を多く含むキク科の葉野菜。苦味のある特有の香りと食感で、鍋物はもちろん、和え物、おひたし、ごま和えなどの具材としても人気があります。最近ではアクが少なくサラダなどでも食べられる品種も多く開発されています。

冷涼な気候(生育適温は15~20度)を好み、秋まき栽培がもっとも適していますが、暑さ・寒さにも比較的強く、本葉が出ていれば0度以下の環境でも枯れずに越冬します。ただし春の高温や長日でトウ立ち(*)し開花するので、できるだけトウ立ちしにくい品種を選びましょう。酸性に弱いため、堆肥や苦土石灰などを使った土壌酸性度(pH)の調整も必要です。発芽に光を必要とする「好光性種子」なので覆土を薄くするのがポイントですが、乾燥しやすいというデメリットも。こまめに水やりを行い、土を十分に湿らせておきましょう。

*トウ立ち:植物自体の成長が目的の「栄養成長」と、種を残すための「生殖成長」の2つの生育段階のうち、生殖成長が始まったサインのこと。春菊を含む葉菜類の多くは生殖成長が始まると栄養成長が止まり、葉が固くなって食味が落ちる

Ryoko Fujiwara / shutterstock.com

【料理撮影:菅井淳子】

【プロフィール】

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

テレビや雑誌、広告などで活躍中。無理や無駄のない、作り手重視の効率的なレシピとスタイリングアイデアが人気となっている。近著は『使いやすい台所道具には理由がある』(誠文堂新光社)など。http://www.simple-minimum.com/