HOME空間づくりのHOW TO > 冷気は窓から忍び込む! 100均のカフェカーテンで寒さ対策

ハウスメイト公式Facebookをフォロー

冷気は窓から忍び込む! 100均のカフェカーテンで寒さ対策

2015/12/21

空間づくりのHOW TO

引っ越した部屋で、「どうも不便だな」「もう少し快適にならないか」と感じながら、そのままにしていることはありませんか? 少しの工夫で生活のクオリティを上げる「お部屋のライフハック」を、暮らしのプロに聞きました。

「暖房を入れても暖まらない」「足元が冷える」。そんな人は、もしかしたらカーテンの長さが足りないのでは? 外気が部屋にもっとも入りすいのが「窓」。しかも冷たい空気は比重が大きいので、カーテンと床の隙間から冷気が忍び込みやすいのです。しかし賃貸の部屋は窓の大きさもさまざまなので、ぴったりのサイズでカーテンを探すのも大変でしょう。

そこでおすすめのライフハックが、目隠しなどに使う短い丈の「カフェカーテン」。100円ショップで好みの柄を探し、お部屋のカーテンの裏側に両面テープで貼り付けます。床まで付く長さにすれば、窓からの冷気をシャットアウト。床のほこりで汚れても、カフェカーテンだけはずせばいいのでお洗濯もラク。カーテンと色や柄を上手に組み合わせれば、おしゃれなインテリアとしても楽しめますよ。

100円ショップにある「カフェカーテン」。大きいものは「ボックスカーテン」として売られています。

撮影協力:ダイソー

【監修】

和田由貴

節約アドバイザー

http://wada-yuki.com/