HOME引っ越しテクニック > 知らないと損!?退去時に洗濯機のアレに注意!

ハウスメイト公式Facebookをフォロー

知らないと損!?退去時に洗濯機のアレに注意!

2016/03/04

引っ越しテクニック

引っ越しで気になるのは、これまで暮らしていたお部屋の敷金の精算。
差し引かれる金額はなるべく減らしたいですよね。そこで今回は、退去時に請求されるケースが非常に多いのにあまり知られていない洗濯機のアレをピックアップ。

洗濯機の排水ホースと排水管を繋ぐL字型のパイプ「エルボ」。これ、洗濯機の付属品だと
勘違いされがちなのですが、実はお部屋の設備の一つとして入居時から設置されていることが多いのです。つまり、勝手に処分してはいけない物である可能性が高いということ。

ところが引っ越しの際、洗濯機と一緒に取り外して持っていったり処分してしまう方が非常に多いのです。そうすると敷金清算時に部品代の請求が発生してしまうことに。小さい部品ですが、その額は数百円のものもあれば、数千円してしまうものまであります。エルボがお部屋の設備だということさえ知っていれば、簡単に回避できる費用です。
ですので退去立会いの際に設備の一部かどうかを確認しておくと良いですね。
洗濯機の取り外しを引っ越し業者さんにお任せする方も、その旨一声掛けておきましょう!

【監修】

株式会社ハウスメイトパートナーズ